不可能に見える夢も、実現できると信じて行動するなら、
それが想像を越えて報われるかもしれない。
 

法人概要

石川陽子
ご挨拶

サイトをご訪問下さりありがとうございます。

NPO ライジングクラウドは日本文明の基となる、思想・哲学・宗教・科学・伝統文化・芸術・食育・啓育・教育の支援を通して、社会貢献してゆくNPO法人です。

私たちはジャパンスピリット倶楽部( JSC倶楽部)を発足し、日本の創(creation)技(Skill)美(Beauty)を内外の皆様にお届けできるよう、部門ごと様々なプロジェクトを組み、効率的に効果的に複合的な事業展開をしてまいります。

ジャパンスピリット・JSC倶楽部の主旨はトリプルウィンの精神に基づき事業展開し、より良き社会が構築されるよう、NPOとして皆様とご一緒に尽力することです。

日本は古代から類まれな文明と伝統文化を継承し保持してきました。日本が日本であり続ける為に、意識して、日本の歴史、日本文化「ヤマト」のその精神性を発信しなくてはなりません。縄文時代から受け継がれてきた文化を、和の心で、伝統文化・芸術・酒や和食文化と共に、また、最先端のテクノロジー・光学・医療技術の分野で人財交流や技術援助支援もして参ります。

当法人は2008年に設立され 本年は発足10年目になります。昨年より新理事を迎えたライジングクラウドは、新体制で活動の場と輪が、ますます広がりました。私たちは、大きな夢と希望を持って、それぞれに与えられた職務に努めます。

どうぞ、NPOライジングクラウドをよろしくお願い申し上げます。

石川 陽子 (ライジングクラウド創始者&代表)

各事業体の事業内容

 

・ 日本文明の再定義・伝統文化海外配信&支援事業
・ 和食・食育文化・地域活性・海外普及・支援事業
・ アニメ文化の海外支援&拡大事業
・ デイアナサンダイヤ・蒔絵真珠・アート販売事業
・ ネット情報サービス事業・日めくり通信配信
・ 日めくりカレンダー販売・ポラリス&チルドレン支援事業

NPO法人ライジングクラウド及びジャパンスピリット倶楽部を、ご支援下さいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。石川 陽子 (ジャパンスピリット倶楽部会長) 

ジャパンスピリット

「清き明き心」

それは、古来からの、伝統的な神道精神、清く、明るい心、くもりなく、清々しい心です。
やましさのない、晴れ渡った心。私たちは、このように、邪心のない、二心でない、
清らかな心で人と接し、物事を動かすことが大事です。

この清き、明き心は、日本人が美徳とする正直、誠実、思いやり、忠実などの土台となったものです。また、卑怯なことをしないなど、人間のさまざまな徳の基礎となるものです。
これが、日本精神の中心です。

JAPAN スピリット倶楽部は、日本精神を基に、互いに進化し、ビジネス構築しながら、
経済活動をすることで、社会に還元する仕組みづくりをしています。

ライジングクラウド顧問

 

詳細は写真をクリックしてください!

青木宏之

青木宏之

松本道弘(国際ジャーナリスト

青木宏之

青木宏之

青木宏之(新体道、剣武天真流創始者

長谷川章

長谷川章

長谷川章 (DK アーテイスト&総合プロデューサー

久保有政

久保有政

久保有政(レムナント出版代表/聖書研究家)

 
勝海登

勝海登

勝海登(重要無形文化財総合指定保持者 観世流能楽師

Intangible World Heritage Artist UNESCO, Japanese Noh Performer

1950 Born in Taito-ku, Negishi, Tokyo.
1963 Took up the practice of Noh.
1973 Graduated from Kokugakuin University, majoring in Japanese Literature.
1975 Studied musical accompaniment in Noh under following Living National Treasures: master FujitaDaigoro, master Uzawa Hisashi and master KAMEI Tadao and completed the fifth Noh Training Workshop.
1980 Graduated from Tokyo University of the Arts, majoring in traditional Japanese music, section of Noh. Studied under master FUJINAMI − Shigemitsu of the Kanze School family named KANZE Sakon while studying at Tokyo University of the Arts.
1983 Performed in France (Paris, Lyon, Lille, Belfort, Grenoble) in a special performance tour.
1984 Recognized to become independent from theKanze family foundation and certified to start his career (Junshokubun).
1987 Participated in the school of Kanzeperformance visit to New Delhi, India.
1988 Performed in Australia (Perth, Melbourne,Adelaide, Sydney) in a special performance tour.
2001 Awarded as “Important Intangible Cultural Property Person” (Juuyou Mukei Bunkazai SougoShitei Hojishia) by Japanese Government in the area of Performing Art.
2007 Published a book, “Men no butai to katagami(Stage and paper of Noh mask)” , Tokyo: TamagaUniversity Press, 2007 in collaboration with the Noh omote specialist TAKATSU Koichi. The book features many noh masks made by master TAKTATU and worn for performances.
2010 Performed scenes from the plays of“Adachigahara” and “Tsuchigumo” at the TheatroPolicalente in the town of Abano Terme, Northern Italy which is the birthplace of the Commedia dell’ Arte. Deepened the professional ties with Mr.FabioMangolini, renown actor and Mr. Donato Sartori, mask–maker at the performance tour.
2012 Published “Ichigei No Hana”, a commemorative book dedicated to the late Mr. Koichi Takatsu, Noh mask Master.
2013 Appointed as advisor to Japan Promotion Association.
2014 Organized and directed “Shikari” in “ Wa noSaiten”.
Performed the Noh play “Hagoromo” at the embassy of Japan in Moscow.
Performed the Noh play “Matsukaze” and “Makiginu” at The Kazakh National University of Arts in Astana and Almaty in Kazakhstan.
Guest professor to The Kazakh National University of Arts.
2015 Dedicated Noh “Makikinu” during the “Shikinen Festival” to the Nagano Prefecture Togakushi shrine
Performed Noh “Hagoromo”, “Chu Dance” and the “Funa Benkei” in Astana of Kirghizia and Almaty of Kazakhstan
In 2015 a member of the current Noh Association of Japan, Noh Association member, and a member of the Kanze Association to host the [Katsumi Mikachi-kai] (meeting of the sea)
Member of the Nohgaku performers’Association(Nohgaku Kyokai) and Japan Nohgaku performers’ Association (NihonNohgaku Kai).
Presiding “Uminokai” and “Katsumikanshokai”which are affiliated with the Kanzekai.

Selections of the best and most important performances: “Okina (Senzai)” (1985), “Shakkyo”(1990), “Shojo Midare” (1993), “Dojoji”(1996), “Shakkyo” (1995, 1999, 2000), “Mochizuki “(2004), “Kinuta” (2014) among others.

 

ライジングクラウド理事

 
石川 陽子

石川 陽子

ライジングクラウド創始者&代表

(医)輔仁会 石川デンタルクリニック 常務理事
石川陽子(ペンネーム 車戸凛子)
昭和21年11月1日 東京に生まれる。国籍・日本
出自/父方/ 車戸一族 甲賀忍者/ 滋賀県多賀大社の代々禰宜
母方/滋賀県彦根市安養寺町 北村酒造

略歴

米国オハイオ州アイロントン高校卒
オハイオ州ポーツマスビジネスカレッジ終了
上智大学国際学部中退
パリソルボンヌ大学遊学
インド航空スチュワーデス
アリタリア航空スチュワーデス

歯科医と結婚

一男二女の母となる、7人の孫の祖母
石川英語塾経営
英語教師として28年
医)社団輔仁会
石川デンタルクリニックの経営者として20年
2008年 NPO法人を立ち上げ現在に至る
2016年「凜子の半生」実話を執筆、神秘体験の証しをする。
NPO法人 ライジングクラウド 創始者&代表
JAPAN Spirit 倶楽部 会長
医)輔仁会 石川デンタルクリニック 常務理事
聖書と日本フォーラム 理事

<経営と非営利法人活動の理念>

座右の銘:動け、動け、超越者に向かって突き進め。
それが冒険の真の意味。(神話学者/ジョセフ キャンベル)
いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛とこの三つです。
このうち最も偉大なものは愛です。
(コリント人への第一の手紙/13章13節)

中村 正

中村 正

副理事長
 ライジングクラウド代表補佐

(株〉エス・ビー・アイ会長

 
土井邦義

土井 邦義 ライジングクラウド/ジャパンスピリット事務局長

土井 邦義(オフィスドリーム21 代表)
出身地 岩手県釜石市
生年月日 1951年8月7日 獅子座
趣味 料理&歴史址散策

2011年東日本大震災、仙台市内で被災後(当時の年齢60才)、オフィスドリーム21を立上、被災地復興支援活動を前提に、障がい者自立の為「ソーシャルビジネス」実現への仕事創出継続支援。

現在、農林漁業六次産業化による地方再生事業の立上及び地元資源原料による商品開発を支援。

過去:
昭和44年アサヒビール株式会社へ入社、飲食業界での販売ノウハウを学び、競合他社のひしめく新宿区豊島区の売上げを約2.5倍にまで押し上げた。

その後、飲食の現場経験と各企業の営業運営の現場経験を
踏み安政五年創業老舗ごま油メーカー「かどや製油株式会社」にて従来の販売方式からの売り上げ取得だけでなく、「外食・中食の開発製品」を料理提案型販売指向で通算19年の間で110億8千万円の売上げ達成。
その間、東証上場取得の為、営業部門責任者として上場委員7人のメンバーで大蔵省(当時)へ書類二の部を作成計上、東証上場を取得した。現在は、その経験を生かして東日本大震災の年2011年を皮切りに「障がい者自立支援事業」を宮城県遠田郡涌谷町の一角に、宮城県指定A型障害福祉サービス事業所「株式会社まちの豆腐屋プロジェクト」を仙台市内の
大正15年創業の老舗豆腐屋「森徳とうふ店」三代目と協力、江戸時代から続く伝統料理“おぼろ豆腐“の復活と障がい者の働く場所の株式会社まちの豆腐屋プロジェクト「涌谷とうふ店」を設立。

障がい者雇用継続支援雇用と経営改善に取組み、デパ地下の惣菜RF-1や日本一の魚の北辰へ商品を卸すまで事業規模を拡大し、全国規模のとうふ工房としてネットワークを構築して様々な商品を世に送り出した。
また、2019年までにTVメディアの字幕放送義務化法案可決の事から「ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社」ディズニーチャンネル(ⅮLIFE)と2014年業務提携を締結、2015年4月に涌谷・放送字幕制作センターを設立
障がい者の雇用を前提に被災地の地元健常者雇用で運営。

【 自己PR 】

40年間の積み上げてきた酒・食品業界のノウハウと人脈を生かし、東日本大震災被災地の食品加工製造の
マネージメントで地方再生を微力ながら中央市場開拓(東京、大阪等)の足杖となるキッカケ造りが出来る事。
販売ではなく営業の育成、または、若手社員のマネージメントや会社社長の補佐役等を今までの経験を生かして 的確にアドバイスが出来る。

 
枷場 博文

枷場博文 理事/日本文明の再定義 日本酒&日本茶の海外普及

MPUF事務局長
ノーベルプロジェクト 能(右脳)が拓く 能ロボット制作 企画&Producer

ニールパトラー理事Media担当

ニールパトラー理事
Media担当/アート販売

ニールパトラーメトロポリスCOOmetropolis</details>

酒生 文弥

酒生 文弥 理事/渉外担当


酒生文弥               
プロフィール (平成29年3月1日現在)
昭和31年9月8日福井市生、60歳

    現職:  浄土真宗本願寺派 真照寺住職
在日本ルーマニア商工会議所会頭 
NPO WIS (統合厚生協会) 理事長
国際和合医療学会常務理事、国際アジア共同体学会理事
勝兵塾講師特待生、日本ヒーリング・リラクセーション協会顧問

現住所:〒275-0026千葉県習志野市谷津5-36-18-211
携帯090-9814-0868  Tel. 047-474-6314  Email: sakow@wis-j.org
勤務先:〒160-0017東京都港区南麻布3-11-44-202 在日本ルーマニア商工会議所本部
Tel. Fax. 03-5421-0439 Email: roccijapan@gmail.com

学歴

昭和62年3月 龍谷大学大学院文学研究科博士後期過程修了(比較宗教学)
昭和61年1月- 9月 国際ロータリー財団奨学生として、ニュージャージー州立
ラトガース大学大学院政治学研究科へ留学・学外研修
昭和59年9月    文部省奨学生として、カリフォルニア大学サンタバーバラ校
- 昭和60年7月   大学院宗教学研究科へ交換留学
昭和57年3月 (財)松下政経塾(第1期生)修了
昭和55年3月 早稲田大学政治経済学部政治学科卒業
昭和50年 3月 福井県立藤島高等学校卒業
  
職歴

1.教育関連
平成10年4月‐平成14年3月  中央大学総合政策学部講師 (比較文化・英語)
平成2年4月‐平成10年3月 武蔵野女子大学文学部人間関係学科講師
     (英語科主任講師、世界文化史・外国語概論・英語・英米文学)
昭和63年4月‐平成2年3月 龍谷大学文学部非常勤講師 (総合講座・平和学)
この間多くの学校で教える: 予備校:近畿予備校(昭和57年‐58年度政経倫社)、代々木ゼミナール(昭和62年‐平成3年度政経倫社・英語)、福井中央学院(昭和62年‐平成元年度世界史・英語)、高輪医学ゼミ学院(平成3年度英語科主任); 高校:北陸高校(昭和63年度社会科); 専門学校:ECC外語学院(昭和62年度‐平成5年度英会話・TOEIC/TOEFL・英検1級)、東京ビジネス外語学院(平成2年度通訳翻訳科主任)、インターナショナル・インターンシップ・プログラムス(平成3年‐平成11年度日本文化論・通訳案内業英語)
2. コンサルティング
昭和62年―平成3年 福井放送(株)顧問
  NJN (ニュ-ジャージーネットワーク)との姉妹局提携締結、番組交流、国際番組制作
昭和62年-平成元年 福井市姉妹都市・福井県姉妹州県顧問
  福井市・ニューブランズウィック市交流事業、福井県・ニュージャージー州交流事業
平成17年4月‐18年3月 九段クリニック統合医療センター顧問
平成16年4月-17年3月  創生セレクト㈱顧問、㈱医療サポート顧問
平成5年4月‐14年4月   ㈱MCA 監査役
3. 僧職
平成23年10月20日-      浄土真宗本願寺派 真照寺 住職  
平成元年11月-平成13年6月 浄土真宗本願寺派 厳正寺 副住職
昭和55年4月-平成元年10月 浄土真宗本願寺派 浄福寺 副住職
4. 国際渉外・国際コンサルティング・通翻訳・インタビューなど
昭和57年今上天皇皇后両陛下ご成婚記念第24回総理府海外派遣(サウディ
アラビア班)で通訳・国際渉外デビュー。
昭和62年京都大学農学部森林経理学教室の依頼で『森林学叢書』の英訳を行い、翻訳デビュー。酒生国際渉外事務所(SILO)開業。 
以降、国際会議(政治経済・宗教・医療)同時通訳・国際番組司会を含む多くの国際渉外・コンサルティング・通翻訳業務に従事する。
 
国際渉外・インタビュー:カーター米国元大統領、故マンスフィールド駐日米国大使、 ジェンキンスEC議会議長、キャンベルサウスカロライナ州知事、ダライラマ法王、パスク駐日ルーマニア大使、ネアグ駐日ルーマニア大使、タン駐日シンガポール大使、トラッド駐日サウジアラビア大使etc.
国際会議参加・運営・同時通訳:WCRP(世界宗教者平和会議)中東平和会議、ABCP(アジア仏教徒平和会議)ラオス総会、ICVS(国際がんワクチンシンポジウム)、ISIM(国際統合医学会)、ISAC(国際アジア共同体会議)東北フォーラム、etc.

資格
 学位:Ph.D.文学修士  教職関係: 教員免許高校1級(社会科・英語科) 
実用英語資格: 通訳案内業(英語)、国連英検特A級、英検1級、TOEIC950等
BATIC (国際会計英語資格): Accountant Level 
僧職: 浄土真宗得度・教師・顕座7席

高橋フィデル

高橋フィデル 理事
イベント担当

株式会社ジャパンビジターズビューロー 代表取締役/ JVBブックス 社主
イベントプロデューサー、出版社ジャパンビジターズビューロー(J BOOK)社主
ペルー出身(NASA基地で生まれる)。同志社大学大学院総合政策科学研究科卒業。国際イベント塾塾長。元オーストラリア政府セレブレートオーストラリア主任プロデューサー。
中華民族の華僑のごとく、自身のペルー、ブラジル、ベネズエラやアメリカの日系人社会での経験を生かし、和橋(国際日本人)をつなげて日本民族の国際化を目標にエンターテーメント、国際会議、スポーツイベント等の企画運営を手掛ける。
主な著書に『イベント運営完全マニュアル』『特区ドクトリン』『逆境の書』『絵本:どんぷて』ほか

大島俊昭

大島俊昭 監査
福利厚生助成金担当

 

企画運営 by NPOライジングクラウド

 
※ジャパンエスコートは商標登録されています。
※ Japan Escort is a registered trademark of NPO Rising Cloud

 

157-0063 東京都世田谷区粕谷2-6-24
TEL:03-3304-1143
2-6-24 Kasuya Setagaya-ku, Tokyo, 157-0063, JAPAN
www.rising-cloud.org

certificate

法人の沿革

● 平成20年 7月23日:内閣府認証特定非営利活動法人飛躍28法人成立
● 平成24年12月17日:特定非営利活動法人ライジングクラウドへ名称変更
● 平成24年12月26日:特定非営利活動法人ライジングクラウド登記
● 平成25年 4月 9日:商標ジャパンエスコート(出願)
● 平成25年 9月 6日:商標ジャパンエスコート(登録)

This is also available in: 英語