DSC01324 DSC01335 DSCN0694 DSCN0805 DSCN0813 DSCN1919 DSCN1927 DSCN8952 HotoOKINA IMG_2943 IMG_2950 IMG_3125 IMG_3131 IMG_3133 IMG_3136 IMG_3138 IMG_3150 IMG_4076 のコピー IMG_6520 羽黒 雪の五重塔前 2008年2月 DSC01292
<
>
Exif_JPEG_PICTURE

天真会のサイトです。http://www.tenshinkai.jp/http://www.tenshinkai.jp/

剣武天真流

「剣武天真流宗家 青木宏之」

1

剣武天真流の特徴は、一見古めかしい剣術という形をとりながらも、中身は現代人の英知 と情報量が生み出した最新の「居合・抜刀剣術」であるということです。

日本の武道の長い歴史が生み育てた諸流の古武術を収集し、分解し、それを世界に広まっている現代武道・新体道の肉体開発理論と組み合わせ、さらに柔らかく美しく剣で舞うボディーアート的表現を統合させて創り上げられました。

剣武を通してつくられる健康な体と健全な魂、そして感性を呼び覚ます自由な肉体表現に よって、どの様な時代にも適応できる柔軟性を身に付けます。

また、剣の道を学ぶことにより古代からの日本人の死生観を学びます。

稽古では人体の気の流れを重視し、宇宙の真理を求めつつ大自然の法則に従い、柔らかく 流れるような 動きを持ちながらも、強力に利く技を探求しております。

宇宙の生命エネルギーとは大自然を作ったエネルギーであり、古来から天真、空、無、阿 弥陀如来・大日如来、ダールマ、ソフィア、ハギオンプネウマ(火・風・息吹・聖霊)、天 御中主命、宇宙神、など様々な名前で呼ばれている同一のものです。 その生命エネルギーを讃え、受け入れ、自からの意識を開いて精神の自由を得、世界を浄化し、かつ平和への祈りを込め、その教えるところに従って道を追求する剣術です。

青木宗家

青木宗家

一般財団法人天真会活動概要

一般財団法人天真会は、個性の解放・健康開発からボランティア活動まで、幅広い貢献を行う非営利団 体として、平成14年9月に設立されました。

天真会の活動は、以下の4部門により構成され、社会への貢献を行っています。

・第1部門: 芸術、教育、自己修養の道 「天真書法塾」
・第2部門: 健康、精神統一、肉体表現の道 「剣武天真流」
・第3部門: 心身の浄化と自己実現への道 「アオキメソッド」
・第4部門: 国際文化交流と教育支援 「ボランティア活動」

Aoi Metho

<天真書法塾について>

天真書法塾では中国書道の古典である碑帖の臨書を通して書法の基礎を学び、筆、紙、硯の研究を深めます。

日々の生活の中で筆を使い、線を引く事により精神性を深め、正しく伝統的な書道、個性溢れる自由な芸術書道、永遠の深みを持つ墨蹟、健全にて知性豊かな教育書道など、学ぶ人の個性を生かした進むべき道を指導しています。

書道を通じ、大いなる宇宙真理と大自然の豊かないのちに学びかつ従い、よりよき人生を創造していってもらいたいと願っております。

フランスの文学者ルイ・アラゴンが「教えとは希望を永遠に語ること。学ぶとは誠を胸に刻むこと。」と言う名言を残しています。

いのちの気溢れる墨跡、世界の名作絵画に並ぶ芸術作品の創作、重要無形文化財をしのぐ書、それぞれの方向を書を通して学んで行きます。

composte

<アオキメソッドについて>

瞑想には人の心を深め、魂を浄化し、体を健康にし、更にさまざまな能力 を開発向上させる大きな力があります。瞑想技法をきちんと理論・実技共体系立てて学び、自己変身のために自由に使いこなせたらどれだけ素晴らしい事でしょう。

集中力を養う瞑想は、記憶力を激増させて人名の記憶や外国語習得に役立てることなども出来ます。内向的な性格を明るく社交的にしたり、人間関係を改善したりする事も出来るのです。

また理由のわからぬ苦しみ、悲しみ、寂しさ、自己嫌悪、孤独感、他者への不満や憎悪を解決したり、 更に体技(スポーツ・武道など)を行う人にとって、リラックスしたり強力な技を出したりする事は勿論、心身一如、自他一体が短期間で学べるのも嬉しいことです。

「アオキメソッド」での学びを通して、こうした宝の山とも言える瞑想に、明るく爽やかにそして真っ正面から一 生懸命に取り組んでゆけるよう、誰もが夢を実現してゆく能力を育てて行って欲しいと思います。

<ボランティア活動について>

・1994年 フィリピンマニラの生ゴミの山に住む子供達や貧困農村の子供たちの教育支援の為の奨学金支援ボランティアグループ「3Hスカラシップ」を設立。

フィリピン貧困家庭の小学生への教育支援を開始。(以後、毎年継続)

・2004年 中国雲南省の貧困少数民族地区にミャオ族日中天真周達僑心小学校校舎建設費援助。

・2005年 NPO天真会を設立。

「3Hスカラシップ」が東京都より特定非営利活動法人として承認され、「天真奨学会」と名称を変更。フィリピン貧困家庭奨学金支援生徒は200名となる。

*フィリピンへの教育支援は、1994年~2014年まで20年間行い、この教育支援により総勢553名の生徒が高校を卒業。

・2007年 中国雲南省の貧困少数民族地区にイ族白雲小学校校舎建設費援助。

・2011年 3月11日に起こった「東日本大震災被災地及び被災者」支援ボランティアを開始。5月福島県相馬市、岩手県大槌町、大船渡市、陸前高田市、宮城県気仙沼市、雄勝町などを視察し、地元自治体、関係者と緊密な連絡を取りながらボランティアグループ「チーム天真」を結成。9月に釡石市、大槌町、南三陸町、女川など再度被災地を訪れ、「鎮魂の剣武」を行う。

7月17日被災地、被災者応援のための「チャリティー演武、演奏会」開催。8月からは各4名で毎月週末2回の整体ボランティア活動を開始。(以後、2014年2月まで毎月活動)

・2013年 世界遺産京都醍醐寺主催「東日本地震被災地少年少女の集い」にボランティアで健康体操指導者として参加し、剣武演武を行う。

・2014年 剣武天真流会員総勢23名で、沖縄万座毛、知念岬、斎場御嶽、首里城広場にて、「世界平和と慰霊・祈り」の奉納演武を行う。

7月、剣武天真流会員総勢21名で、「剣聖、上泉伊勢守信綱」菩提寺前橋市西林寺にて奉賛演武を行う。

・2015年 ネパール大地震被災地に米127トン、テント蚊帳720張、他を支援。宮崎県「大御神社」、「鵜戸神宮」にて剣武天真流宗家、本部師範5名と共に世界平和、地球浄化の祈りの奉納演武を行う。

中国少数民族小学校建設支援

フィリピン奨学金支援

中国少数民族小学校建設支援

中国少数民族小学校建設支援

2005.12フィリピン奨学金受給生との交流式典

2005.12フィリピン奨学金受給生との交流式典


青木宏之 プロフィール

青木宏之

青木宏之

現在

一般財団法人天真会代表理事、天真書法塾塾長、剣武天真流宗家、NPO 新体道名誉会長、日本人体科学会理事、日本養生学会顧問、他

■主な著書

「からだは宇宙 のメッセージ」(地湧社)、「新・からだ主義宣言」(ビジネス社)「新体道」(春秋社)、「自然なからだ 自由なこころ」(春秋社)「運をつかむ瞑 想法」(青春出版社)他

■書歴

書家名(道号):天外

上海大学認定中国書法学院師範、中国書法展審査員、中国山東省濟南私立成家書法業校名誉教授、その他、数々の国際書道展に招待作家として活躍

1936年 横浜に生まれる

中央大学法学部卒。日本空手道の江上茂に師事。柔道、空手道、合気柔術をベースに現代人のための心身開発体技『新体道』を創始。更に「日本の棒術」体系を創案、世界各国に広まる。

1990年 宗教哲学の研究でカリフォルニア神学大学院より「文学博士号」を授与さる。

1994年 ボランティアグルーフ「3Hスカラーシッフ」を設立。フィリピンの貧困家庭の子供たちへ奨学金の支援開始。

1998年 米国国際学士院より「世界平和功労大騎士勲章」を授与さる。

2001年 天真書法塾を開塾。

2005年 NPO天真会を設立。アジアの貧困家庭の子供達の教育支援を行う。

2008年 剣武天真流を創始。

2010年 剣武天真流発会、剣武を通して、健康な体と健全な魂、世界の浄化、平和への祈り等、道を追求する指導にあたる。一般財団法人天真会設立。「NPO天真会」の活動を移行する。

2011年「東日本大震災被災地及び被災者」支援ボランティアグループ「チーム天真」を結成。福島、南三陸の仮設住宅にて健康体操、指圧、整体等の定期活動を行う。

また、中国、フィリピン、チェコ、イタリア、フランスを訪れ「書」や「剣武」を通じ、独自の国際交流を続けている。

2014年 人体科学会「湯浅泰雄賞実践活動賞」授与される。

This is also available in: 英語